整形外科の看護師の業務内容

現在日本にはたくさんの病院があり、ここにはたくさんの診療科があります。このたくさんある診療科の中に整形外科があります。整形外科は体のたくさんの部位を扱っています。例えば両手や両足や腱、神経や骨や関節を扱っています。このような部分に何か炎症や怪我をしたときに治療を行うのが整形外科となっています。

具体的にはどのような病気を扱っているのかというと、骨折やねんざや靱帯損傷、椎間板ヘルニアや脊椎損傷などがあげられます。この整形外科での看護師の業務内容は、レントゲンを撮影する際の準備、ギブスを巻くときの準備や介助、このほかには診察の際の介助が主な仕事となっています。大きな病院の場合にはこのほかに手術室での仕事を行ったり病棟での仕事を行ったりもします。

医師の他に作業療法士や理学療法士と連携を取ることもあります。ここで多く見られるのは骨折です。骨折は年齢に関係なく起こるものなので、看護師はさまざまな人とコミュニケーションが取れることが必要になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ