脳神経外科に勤務する看護師の業務内容

脳神経外科は生死や生活に深く関わる疾病や病気(脳出血・脳腫瘍・脳梗塞など)を担当する科で、生活習慣病が多くなっている現代では、需要が高まっている診療科の一つです。もちろん、脳神経外科で働くスタッフの重要性も上がっています。そんな科で働く看護師には、何よりもまず脳に関する知識を持っておくことが必須条件になります。また、業務内容としては、病気のせいで言語能力が低下している患者さんが多いので、看護師の側から積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

また、麻痺や眼球運動などの異常を素早く察知する洞察力と観察力も求められます。そのような患者さんの日常的なケアを行うと共に、意識の戻らない患者さんも多いので、家族との関わりをする場面も沢山あります。さらに、医師との連携や手術への立ち合いが必要な場合もあり、スピーディーな行動が重要です。とても忙しい職場なので、心身共に健康であることが大切です。

また、リハビリの手伝いをすることもあります。忙しい職場ですが、専門的な知識が身に付き、ベテランになれば脳や中枢神経などの病気に詳しく、緊急の対処もしっかりと出来る看護師になれる、やりがいのある職場でもあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ