中堅看護師の役割として重要な部分は新人教育になります

看護師として数年以上の経験を重ねると、中堅看護師として一通りの仕事ができるようになります。その際に中堅看護師としての必要な部分は、職場全体への配慮になります。特に中堅看護師の役割として重要な部分は新人教育になります。確かにベテラン看護師でも新人に対して教育できますが、レベルが高度過ぎて新人看護師がギャップを感じる場合が起こります。

ところが中堅看護師であれば数年前まで新人だった為に、新人の気持ちを汲み取りやすくなります。その為に新人の目線で指導ができますので、教育内容が浸透する可能性が大きいです。また新人とベテランを中継する役割も果たしますので、常に視野を広く持つ事が求められます。従って仕事の合間を利用して、新人やベテランの看護師ともコミュニケーションを取る事が不可欠になります。その事で緊急の事態にも、スムーズに対処できる体制が作れます。もちろん中堅看護師も成長途上の過程にありますので、失敗を必要以上に恐れずに行動する事が大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ