新人看護師にまつわるあるある

看護師の仕事は白衣の天使と言われていますが、それは患者から見た目腺であり、それは病棟看護師に言えることで、すべての看護師にあてはまることではありません。と言うのも、現在の看護師不足の状況で看護師の仕事はとてもハードで重労働と言っても過言ではありません。そのため、看護師の離職率は非常に高く、看護師の仕事にあこがれて3年もの期間看護学校に通い、晴れて新人看護師となったまでは良くても、実際に現場に出ると色々な苦難があるものです。

そこで、新人看護師のあるある体験をいくつかあげています。1、ベテラン看護師と一緒に仕事をしていた時に、患者さんから「若くてきれいだからいいねえ」などとベテランの前で新人だけが褒められ、さらにその後、失敗をすると、すごい勢いで起こられる。2、仲が良くなった年配患者さんを自分の祖父母と一緒に感じ、その後患者さんが亡くなると落ち込む。また、そのようなことがあるたびに落ち込みが続く。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ